風邪の予防にはビタミンのバランスなどを考えた食事を船橋加圧ジム

日本人は、1年で平均57回、ひと冬では23回は風邪をひいているというデータがあります。

当然本人も風邪と気がつかない程度のものもあると思いますが、風邪は季節を問わずかかる身近な病気だということがわかります。

皆さんもご存じかもしれませんが、風邪のウイルスは多種多様。

俗に風邪の特効薬が完成したらノーベル賞、なんて言われたりもしますよね。

風邪にかかってからでは遅いのです。

風邪をひいてしまった時、薬は症状を緩和してくれるだけで、風邪のウイルス自体を退治してくれるわけではありません。

風邪の免疫力をアップするには?ビタミンやタンパク質の摂取が鍵

 

体力回復の基本は栄養補給・保温・安静です!

薬だけに頼らず、日頃から睡眠をしっかりとり食生活に気をつけましょう。

04ae06c55343e950c7bdf1cfffe15095-300x200

1.ビタミンA

鼻や喉などの粘膜を保護する。

ほうれん草、人参、カボチャなどの緑黄色野菜・うなぎ・鶏卵、チーズなど

2.ビタミンC

風邪に対する抵抗力を高める。

イチゴ、みかん、キウイフルーツ、ブロッコリー、ほうれん草、イモ類などの果物や野菜類

3.ビタミンB1

糖質をエネルギーにかえ、身体のだるさを軽減する。

豚肉・魚介類・グリンピースなどの大豆製品

4.たくぱく質

基礎体力をつけ抵抗力を高める。

魚介類・肉類・卵・大豆製品・乳製品など

風邪をひくとエネルギーの消費は高まるのに対し、食欲や、消化・吸収の低下が見られます。

ウイルスに対する抵抗力、免疫力を高めるビタミン、ミネラルを十分にとり、バランスの良い食事を摂ることが大切です。

いかがでしたか?

今回紹介している栄養素も、数ある栄養素の中の数種類に過ぎません。

食事の基本はやはり三食しっかり食べる事ではないでしょうか?

ごはんに肉や魚のおかず、緑黄色を意識した野菜などなど。

食事生活を見直して、風邪の予防に努めていきましょう!

Suzuki

 

preciousの加圧トレーニング紹介動画

最近のpreciousブログ

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP