加圧ベルト。効率的なトレーニングを行うための必須ツール!

芸能人やアスリートで利用している人も多く、名前は聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

いざ加圧トレーニングを始めるには、どんな知識が必要なのでしょうか。加圧トレーニングの基礎情報から、その効果、実践に至るまでの注意点についてまとめてみました。

1. 加圧ベルトを使ったトレーニング?

1-1. 加圧ベルトを使ったトレーニングとはどんなもの?

加圧ベルトとは、腕と脚のつけ根に装着する専用ベルトのことで、個人に合った適正な圧力を加えて血流量を制限するためのものです。
この加圧ベルトを使って、効率的にトレーニングする方法を、「加圧ベルトを使ったトレーニング」(以下、「加圧トレーニング」)と呼びます。

加圧トレーニングは、低負荷・短時間・短期間の三拍子揃った非常に効率のよいトレーニング方法といわれています。

加圧ベルトを装着することで血液中の酸素濃度が低くなり、小さい負荷しかかけていなかったとしても、筋肉は大きな負荷がかかっていると思い込み、本来は大 きな負荷でしか使わない筋肉群も使い、大きな負荷をかけたときに近い成長ホルモンの量を分泌します。つまり、「低負荷」でトレーニングすることで筋肉疲労 の度合いは低く、それにも関わらずたくさんのトレーニングをしたと同じ筋肉の状態をつくることができます。

例えば、普段の加圧トレーニングでは、脚のトレーニングを15分、腕のトレーニングを10分と、合計30分もかからずに終わってしまうものであったとしても、通常のトレーニングで同じ負荷量を与えようとすると、2時間以上もかかってしまいます。
また加圧トレーニングの場合、1日の最大使用時間は、脚のトレーニングで40分まで、腕のトレーニングで20分までと「短時間」のトレーニングであり、忙しい方にも継続してトレーニングしやすい方法と言えそうですね!

また、通常のウエイトトレーニングでは主に、筋肉(筋繊維)に負荷をかけて損傷させ、時間をかけて回復させる事がトレーニング効果を出すポイントとされ ていますが、加圧トレーニングは体内環境を変化させる事が目的であり、筋肉の損傷自体は少ないため、回復にかかる時間が大幅に短縮されます。そのため「短 期間」でも効果が出やすいのです。

このように、加圧トレーニングは、「低負荷」、「短時間」、「短期間」で効果の得やすいトレーニング方法なのです。

1-2. 加圧トレーニングの効果に関係する物質とは?

加圧トレーニングの様々な効果に大きく関係しているものは、「成長ホルモン」です。
私たちは体を締め付けられることで、血流量が制限され、さらにそこへ運動を行うことで、体内の乳酸濃度が高まります。トレーニングの後に、専用ベルトを 外すと高濃度で溜まっていた乳酸が筋肉内の感覚神経を刺激し脳に伝達することで乳酸を処理するために大量の成長ホルモンの分泌を始めるというものです。

この成長ホルモンとは人間の体内で生成されるホルモンのひとつであり、その効能は非常に多くありますが、代表的なものとして、

  • 骨や筋肉をつくる
  • アンチエイジング(若返り)
  • 脂肪の分解

などがあげられます。
子供から大人へと成長する過程で背丈や体型が変化するのも成長ホルモンの働きによるものとされていますが、成長ホルモンは思春期には日に何度か分泌されま すが、40代では、20代の頃の40%、80代では5%しか分泌されなくなります。年齢とともに、どんどん減少するものなのですね。

この大切な「成長ホルモン」を大量に分泌してくれるトレーニング方法が、加圧トレーニングなんです。成長ホルモンが関係しているトレーニング方法だから、単なる筋肉量の増加だけではなく、美容や健康促進など、様々な効用が見られるのです。

また通常のトレーニングを低負荷で行った場合は、主に「遅筋繊維」が使われるのですが、加圧トレーニングでは低負荷でも「速筋繊維」が刺激されます。

以上のような様々な特徴によって、加圧トレーニングは幅広いニーズの方に対応できるトレーニングです。「低負荷」によって、ケガをして関節を上手く動か せない方や、高齢で重いものが持てない方にもおすすめできるトレーニング方法ですし、「短時間」、「短期間」で効果のでるトレーニング方法ですので、時間 のないビジネスマンや本格的なトレーニングをしたいスポーツマンまで利用することができるのです。

2. 加圧ベルトを使ったトレーニングの効果とは?

加圧トレーニングは各人の目的に応じて負荷を変えることができます。リハビリから、アスリート向けトレーニングまで幅広く対応することができます。それぞれの目的によって、加圧トレーニングの効果を見てみましょう。

2-1. シェイプアップ・アンチエイジングのための加圧トレーニング

女性にとって、引き締まったカラダの若々しい姿は、憧れるものですよね。
加圧トレーニングは、先ほども述べた「成長ホルモン」を多く分泌することができ、それにより太りにくいカラダを作ることができます。またトレーニングに よって効率よく筋力をつけることができ、基礎代謝が向上することで、日常のエネルギー消費量もアップします。健康的に痩せられるだけではなく、リバウンド しにくいカラダになるということですね!

また加齢とともに減少する成長ホルモンは、美肌やアンチエイジングにも関係しています。血行を抑制しながら行う加圧トレーニングでは、血流をよくすることで、新鮮な酸素や栄養分を身体中に運ぶことができ、肌のツヤやハリを取り戻すことができます。

また、むくみの解消や冷え性の改善、便秘改善の効果も期待でき、総合的にキレイになることができますね!

女性芸能人では、藤原紀香さんや坂口杏里さん、郷ひろみ、菜々緒、優木まおみ、杉本彩さんも加圧トレーニングの美容法を実践されて成功したようです。芸能人の方も日頃のトレーニングによって、美しく引き締まった身体を維持しているようですね。

美は日々の積み重ねから!ということで、継続しやすい加圧トレーニングが好まれるひとつの理由かもしれません。

2-2. リハビリ・体力アップのための加圧トレーニング

加圧トレーニングは、「低負荷」で行うため関節などのカラダへの負担が小さく、リハビリ中の方や高齢者、持病をお持ちの方、運動が苦手な方でも実践できるようなトレーニング方法です。

加圧トレーニングによって、骨折や肉離れ、ねんざなどの怪我の回復が早くなるような研究結果も出ているようで、成長ホルモンによって筋肉や人体の修復が早まるとされています。そのため医師の治療後のリハビリとして認められている方法もあるほどです。

また血行促進によって肩こりや腰痛の軽減につながり、生活の中での基本的な動作がよりしやすくなるでしょう。

実際に、リバビリのために加圧トレーニングを実践されてる方は多くいらっしゃいます。例えば、親指の関節炎を患っていた方の例ですが、半年ほど整形外科 で治療を受けても効果はほとんど無かったところ、加圧ベルトを巻いて指のリハビリを行うと、みるみる改善して1か月後にはほぼ完治したと経験談を話してお られる方もいらっしゃいます。

ほかにも、重度の腰痛やヘルニアを患っている方の場合、加圧トレーニングによるスクワットを行えば、腰にかかるリスクを押さえたまま臀部やハムストリングスを鍛えることができます。

現在、東京大学医学部附属病院22世紀医療センターの講座を開設し、医療分野はじめ各分野での加圧トレーニングの有用性が研究されています。

もちろん、基礎体力としての筋力維持のためにも定期的なトレーニングとして用いることもできますし、トレーナーの指導のもと自宅でもトレーニングができるので時間の節約にもなります。

このように、加圧トレーニングは無理なく老若男女問わず実践できることで知られています。生涯を通して続けられるトレーニング方法ですし、お子さんやお孫さん、友達とも一緒につづけられるトレーニング方法ともいえるでしょう!

2-3. 筋力アップのための加圧トレーニング

こちらは、スポーツマンの方など基礎体力向上のための方に最適です。毎日のトレーニングに加圧トレーニングをプラスすることで、基礎体力の向上に繋がり ます。”基礎体力”は、専門体力や技術の向上、戦術の幅を増やすということおいても、とても大事な能力です。また加圧トレーニングは低負荷で行うことができるので、怪我のリス クが低く、安心して短時間の効率よいトレーニングができます。

また加圧トレーニングは、基礎体力の向上だけでなく、他にも、スポーツマンの方にとって大切な4つの効果が期待できます。

一つ目は、筋力アップ。加圧トレーニングでは、何度も述べておりますが、低負荷で、たくさんのトレーニングをしたときと同じ筋肉の状態を作り出すことが できます。また加圧によって低酸素状態をつくったことで成長ホルモンが大量に分泌され、その成長ホルモンが筋肉をつくる要素として働いてくれるのです。ま た筋肉合成を促す成長ホルモンは、筋肉のストレスが多くかかっている部分で作用するという特性がありますので、他のトレーニング(体幹トレーニング等)と 加圧トレーニングを組み合わせることで、他のトレーニングの効果をより早く、大きくすることができます。

二つ目として、乳酸耐性・筋持久力の向上があげられます。筋肉の動きを観察する実験によると、加圧トレーニングの前後で、エネルギー発揮も筋力の発揮も顕著に上昇することが分かっています。

つまり、従来のウエイトトレーニングでは、最大筋力を鍛えるトレーニング(一つ目の「筋力アップ」)と筋肉の持久力を鍛えるトレーニング(二つ目の「乳 酸耐性・筋持久力の向上」)は別々に行う必要があります。しかし、加圧トレーニングでは、一度に両方鍛えることのできるトレーニング方法なのです。

三つ目として、柔軟性の向上があります。柔軟性を増すことは、スポーツマンにとって、怪我の防止やパフォーマンスの向上には欠かせない要素でしょう。加 圧トレーニングでは、使われる毛細血管の量が増え、血行促進が期待できるので、関節の可動域が広がります。また筋肉の緩縮についての実験より、加圧トレー ニングは、筋肉の緊張がほぐれやすくなる緩縮作用を持っていることが知られています。そのことから、通常の静的ストレッチよりも加圧トレーニングによるス トレッチのほうが効果が得やすいと考えられます。

最後に四つ目として、疲労回復が期待できます。これについても、加圧トレーニングをしたときの筋肉疲労の度合いや、疲労回復の度合いを測定した実験よ り、加圧トレーニングによって負荷をかけた筋肉のほうが疲労回復能力が高いことが分かっています。これは、加圧することで普段は使わない毛細血管にまで血 液が届くようになり、トレーニングによって溜まった疲労物質をいち早く流すことができるようになるからです。さらに、加圧と除圧を繰り返すことで、毛細血 管の数が増え、より一層疲労回復に効果があるとされています。

このように幅広いニーズに応えることのできる加圧トレーニングですが、始める前には注意が必要です。最後に、加圧トレーニングを始める前に読んでいただきたいことを、次にまとめました。

3. 加圧トレーニングを始める前に

いざ始めよう!と思った方へ、始める前に読んでみてください。

3-1. 独学で加圧トレーニングはできるの?

加圧トレーニングには、加圧トレーニング指導資格者の下で正しく指導を受ける「パーソナルレッスン」と専用の器具を購入して自分で行う「セルフトレーニング」の2つの方法があります。ただし、独学のみでやることは危険ですし、難しいものです。

インターネットで検索していると、加圧ベルトのみを通販などで販売しているものや、自作の加圧ベルトで代用するものも提案されていますが、注意しなけれ ばいけないことは、加圧ベルトを手にいれただけではトレーニングを開始することはできません。まず正規認証施設に行って、自分の腕や足に適切な締め具合を 圧センサーで測定する必要があります。

またトレーニングをしていく中で、腕や足の太さが変わったり、ベルトが緩んできたりと定期的に測定しなければ、効果の高いトレーニングができないのです。

特に初めての方は、間違った方法でトレーニングをしてしまうと身体を痛めてしまうことになります。適切な加圧力よりも高い圧力を加えてしまったり、長時間 のトレーニングを行ってしまうと、静脈血栓ができたり、冷感・しびれ、皮下出血といった症状を引き起こす可能性があります。

それてさらに正式認証施設に行けば、筋肉量や体脂肪率などを細かくチェックしてもらえるので、身体の変化を数字でも見ることができます。やる気アップにも繋がりそうですね!

3-2. 質の高いトレーニング方法を行いましょう

トレーニング方法も、トレーナーのマンツーマンで行うものと我流でやるものでは質が違います。

腕立て伏せを例にあげたとしても、手の置く位置、脚の開き方、背筋の伸ばし方などによっても効果の度合いや部位は異なることがわかると思います。
適切なトレーニング方法を指導してもらうことで、加圧トレーニングの効果を最大限に引き出すことができるのです。

加圧トレーニングは、低負荷でも効果がある(一般的に、負荷として500mlペットボトルを利用しても効果を得ることができる、また部位によっては道具 を使わなくても、加圧ベルトを巻くだけでも効果が得られることもある)ため自宅でもトレーニングができそうなイメージがあるかもしれませんが、安全かつ効 果的にトレーニングするには、専門の施設に行く必要があります。

まずは、専門のトレーニング施設に行き、そこで自宅でもできるトレーニング方法を教えてもらい、定期的にアドバイスをもらいながら続けることがよいでしょう。

まとめ

加圧トレーニングは、成長ホルモンなどの内分泌系の働きを促進すると共に、さまざまな医学的、生理学的効果が得られることから、医療、健康、スポーツ分野に限らず、航空宇宙医学分野においても研究が進められています。

これからの新しいトレーニング方法としても、ぜひ体験しておきたいですね。

最後になりますが加圧トレーニングも、その他のトレーニングと同様に継続しなければ意味がありません。しかし一人で続けるのは、なかなか難しいものです。

そんなときに、トレーナーの人からの励ましやアドバイス、日々の細かい測定によるトレーニングの成果をチェックできる環境を整えることで、無理なく楽しく続けることができそうですね!

加圧トレーニングで、自分の憧れのカラダになりましょう!

preciousの加圧トレーニング紹介動画

最近のpreciousブログ

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP