睡眠と食欲とダイエット 

こんにちは。

トレーナーのCHIHIROです。

今日は睡眠と食欲の関係性についてお話します。

寝不足だと味の濃い物や甘い物、ジャンクフードなどが食べたくなる…と言った経験をされた方はいませんか?

睡眠時間が短いと食欲を刺激する『グレリン』というホルモンの分泌量が増え、逆に食欲を抑制する『レプチン』の分泌量が減ります。

つまり起きていると食べ過ぎになり、ダイエットどころの話じゃありません。

00805_4456

食欲コントロールには、胃から分泌される『グレリン』と脂肪細胞から分泌される『レプチン』というホルモンが関係します。

睡眠時間が短くなることにより、空腹感を促す『グレリン』の分泌量が増え、食欲を抑える『レプチン』の分泌量が低下するため、食欲を増進する事になります。

ん?、リンとかチンとか分からなくなってしまいますよね(笑)

要は睡眠のコアタイム0時?6時はしっかり睡眠をとり、食欲を抑えてくれるホルモンを出させましょう!!ってことです。

ダイエットをしようと睡眠時間を削ってジョギングとかするより、寝た方がよっぽどダイエットには効果的ということです(^▽^)/

★CHIHIRO★

preciousの加圧トレーニング紹介動画

最近のpreciousブログ

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP