ボディコンテストへの道!大会初出場!筋肉の祭典は凄かった!船橋加圧ジム

大会報告!筋肉、食事、睡眠を極めたものが頂点に立つ世界を体験!

 

皆さんこんにちは!先日、初のボディコンテストに出場してきました!結果から報告します!予選落ち、ランク外でした。私が参加したカテゴリーはジーンズが似合う男子を競い合う内容でした。初心者でも参加しやすいカテゴリーでしたが、実際に会場について周りの方の身体を見ると、圧倒的に筋肉量の差を感じました。絞られた身体にしっかり筋肉がつき、腹筋がバキバキに割れている人ばかりでした。舞台に立つ前から圧倒されました。ですがここまで取り組んできた日々を思い出し、今だせる力を存分に発揮しようと気持ちを切り替えて本番に臨みました。実際に舞台に立ちましたが景色が全く違いました。たくさんの人に自分の身体を魅せる。なんともいえない爽快感がありました。もちろん緊張もありましたので、最初に舞台に上がったときは力んでしまい、険しい表情をしてしまいました。緊張感は最初だけでその後は冷静になり、今まで学んできた事を思い出し、ポージングに意識することができました。約半年間かけてきた事が、ほんの数分で終わってしまいました。結果は良い内容ではありませんが初めての舞台で楽しめた事が一番の収穫だと思います。大会が終わった後は仲間と数ヶ月ぶりの食事に行き、食事を楽しみました。同時に食事のありがたみをとても感じました。減量(ダイエット)を行うことで、食事、睡眠、運動のバランスの見直し、改善が必要とされます。体脂肪をしっかり落とし、筋肉を残す作業は減量もダイエットも一緒です。食事も身体に良い食品を選び、ジャンクフードなど身体に悪そうな食品は摂りません。睡眠はできるだけ早く寝て成長ホルモンをたくさん分泌させたいので生活習慣の改善につながります。運動は筋トレ(加圧トレーニング)有酸素運動を行い身体に刺激を与え、痩せやすい身体を作る。健康になるために必要な事がたくさん学べました。ここからは課題の筋肉量を増やすため、しっかり食事を摂ります。特にタンパク質の量は多めに摂取します!トレーニングもよりハードに行います!減量期とは全く別の生活になります。体重、脂肪も増えますが、増えた分トレーニング強度も上げられるのでよりハードに取り組みます。

 

筋肉を増やすバルクアップ!食事のポイントとトレーニング頻度を紹介!

 

増量期は「バルクアップ」ともいいます。バルクアップとは筋肉を増やしながら、身体を大きくする事です。ボディービルダーやプロのアスリートはバルクアップを行う際は増量期と減量期を分けて行います。バルクアップの目的は筋肉を大きくする事です。そのため筋肉を増やすためには普段よりも食事を摂りますので摂取カロリーも高くなります。つまり、筋肉を増やしつつ、脂肪も増えることになります。増量期は気にせず、ただ筋肉を増やすことだけを考えます。筋肉と脂肪の増減はお互いに連動していますので、カロリー収支によって関係性が決定されます。筋肉が増えると脂肪も共に増えてしまいますので、筋肉だけ増やして脂肪を落とすということはできません。カロリー収支を毎日考えることは非効率で手間がかかります。まず増量期は筋肉をつけることに集中し減量期になりましたら筋肉をキープしつつ脂肪を減らすほうが、長期的にみて効率がよい方法となります。私自身も今大会を出場してみて、筋肉量がどの部位も圧倒的に足りていないと痛感いたしました。各部位のトレーニングをハードに行います。頻度は週3~4回出来るようにします。もちろん休息も必要です。疲労を感じたら休む、特に睡眠を多く摂り、成長ホルモンを分泌させることで筋繊維を強くしてくれます。加圧トレーニングを行うとこの成長ホルモンの分泌量は290倍と言われています。通常のトレーニングは10倍程度です。加圧トレーニングを取りいれながら筋肉量を増やして、次回の大会で良い成績を出せるように精進して参ります!

preciousの加圧トレーニング紹介動画

最近のpreciousブログ

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP