食事制限や糖質制限ではない正しいダイエット方法とは?船橋加圧ジム

■筋肉が減って脂肪が残る糖質制限は誤り…朝昼は炭水化物を摂ろう!

数多くのダイエット方法があります。その中でも良く言われているのが糖質制限のダイエット方法です。米やパン、麺類などの炭水化物を摂らない方法のダイエットは確かに体重を減らすことができます。しかしその減量だと脂肪と同時に残しておきたい筋肉が減ってしまいます。体から糖がなくなると筋肉を分解して糖を作ります。筋肉が分解されてしまうと代謝が悪く、脂肪が燃えにくい体になります。糖は筋肉内に貯蔵することができ、体を動かすエネルギー源となります。1日に必要な炭水化物の摂る量は、朝昼にご飯茶碗1杯を目安に摂ることです。夜にご飯類を食べてしまうと、その後寝るだけだと体を動かすエネルギー源は必要なく、脂肪の蓄積に繋がります。朝昼に炭水化物を摂るよう心がけていきましょう。

■タンパク質・脂質・野菜など必要な栄養素は摂る!健康に悪い食事制限!

1日に摂取する食事の量が極端に少ないのも良くありません。中には食事を抜くダイエット方法もありますが、どちらも推奨していません。ダイエットは摂取カロリーよりも消費カロリーが多くならなければなりませんが、その差が大きくなりすぎないようにしなければなりません。極端な食事制限は栄養素全体が不足している状態になり、代謝が悪くなるのはもちろん、腸内環境や健康にも悪い影響を及ぼします。食事制限・糖質制限など急激に体重を落とすと、筋肉の減少のリスクは高まり、肌のシワやたるみも増え、見た目も老けて見え、健康的に痩せることはできません。食事をもとに戻したときは、ダイエットを始める前よりも太ってしまいます。

■正しい食事で正しいダイエットを!守るのは炭水化物の摂取量だけ!

プレシャスでは極端な食事制限・糖質制限は勧めておりません。炭水化物の摂る量や摂る時間さえ間違えなければ、痩せることができます。炭水化物は朝昼に摂取し、夜は食べないようにします。筋肉を作るタンパク質や、肉や魚に含まれる脂質は積極的に摂取していきます。脂質はオリーブオイルやアーモンドや青魚など良質な脂質を摂るようにします。腸内環境や健康にも良質な脂質は必要です。タンパク質、脂質、野菜などの食物繊維などはたくさん摂取していくダイエットをプレシャスでは推奨しております。ダイエットは食べてはいけない考えから、必要な栄養素を食べて健康に痩せていく考えに改めていきましょう。

是枝昌宏

是枝昌宏

理想のボディメイク、ダイエットを全力でサポート致します!

preciousの加圧トレーニング紹介動画

最近のpreciousブログ

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP