自宅やジムで出来る!下腹部を集中的に鍛えるおすすめの筋トレメニューをご紹介します

脂肪が付くだけが原因ではない!どうして下腹部ばかり出てしてしまうのか。ぽっこりお腹の理由をお伝えします!

いつのまにか下腹がぽっこりしてしまった…なんて方は多いのではないでしょうか?
食生活の乱れや運動不足により脂肪が付き、お腹が出てしまうこともありますが、実はそのぽっこりお腹は脂肪がついてしまった事だけが原因とは限りません。
標準体型なのに下腹部だけでている方を見たことありませんか?下腹部が出てしまう原因として多く見られるのは腹筋の筋力低下によって骨盤が歪み、内蔵が下がる事で下腹部が出てしまうといったケースです。
下腹部を引き締める為には食事を整え脂肪を落としていく事だけでなく、衰えている筋肉を鍛えて、内臓を元の正しい位置に戻してあげる事も必要となります。

トレーニングをしてもなかなか下腹部が引き締まらないのはなぜ?下腹部を鍛えるのは難しい?

腹筋を細かく分けると「上部」と「下部」に分けることができます。
下腹部を引き締める為には腹筋の下部を鍛える必要があります。また、筋肉には収縮するときに動きが小さい「起始部」と、動きの大きい「停止部」の2つがあります。腹筋の上部は起始部になり、下部は停止部になります。そのため、腹筋上部に比べて腹筋下部は動きが小さく、動きの大きい上部よりも発達するのに時間がかかってしまうのです。
発達に時間がかかるので、下腹部を引き締めるためにはトレーニングを継続する事が重要です。
腹筋下部にきちんとアプローチしたトレーニングを正しく行い、しっかりとトレーニングを継続していく事が下腹部を引き締めるポイントになります!

自宅で簡単にできる下腹部トレーニング!美しく引き締まったお腹を手に入れよう!

器具を使わずに自宅やジムでさっとトレーニングできるメニューご紹介していきます。

・レッグレイズ
①床に仰向けになる(両手は自然に広げる)

 

 

 

 

②膝を軽く曲げ、身体に対して90°になるまであげる。

 

 

 

 

③息を吐きながらゆっくりと下ろし、床に付くぎりぎりのところで止める。

 

 

 

 

④息を吸いながら脚を90°のところまであげる。

 

 

 

 

・ニートゥチェスト
①床に座る。

 

 

 

 

 

②背筋を立て、脚を伸ばし少し手を後ろにつく。

 

 

 

 

 

③息を吐きながら膝をゆっくりと胸に引き寄せる。引き寄せながら上半身を少し前に倒して膝を抱える様な状態にする。

 

 

 

 

 

④元の姿勢に戻す。

 

 

 

 

 

・バイシクルクランチ
①床に仰向けで寝る。

 

 

 

 

 

②両脚を軽く曲げ持ち上げる。

 

 

 

 

 

③おへそをのぞき込むようにして肩甲骨を浮かす。

 

 

 

 

 

④対角の肘と膝を交互につける。※この時に脚は出来るだけ床と平行になるように!

 

 

 

 

 

各種目1セット20回、3セット行って下さい。出来る方は回数やセット数を増やしていくのが効果的です。
たった3種目ですが毎日継続して行うことで下腹部が引き締まり、骨盤や内臓が正しい位置へもどってきます。
理想の体・お腹を目指して頑張りましょう!

preciousの加圧トレーニング紹介動画

最近のpreciousブログ

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP