負荷をかけて効果的に鍛える!レジスタンストレーニングとは?

 

今回は筋肉を効果的に鍛えるレジスタンストレーニングについてご紹介致します。筋肉が増えれば脂肪は落ち、体力も付きます。メリットが多いので是非参考にしてみて下さい。

筋肉に負荷をかけるトレーニングとは?筋肉を増やすための運動方法

筋肉を増やすにはレジスタンストレーニングが必要です。
レジスタンストレーニングは負荷を用いたトレーニングのことです。負荷のかけ方はダンベルやバーベルなど重りを使うことです。ダンベルやバーベルは自分ができるギリギリの所で負荷をかけないと、筋肉に刺激が入らず、筋肉を増やすことができません。
しかし、適切に負荷をかけてトレーニングを続けていけば、効率よく筋肉が増えていきます。自宅でレジスタンストレーニングを行う場合、ダンベルなどがない場合もありますが、ペットボトルに水を入れた重りを作ることや、リュックサックに荷物を入れて重りを作れば、レジスタンストレーニングになります。

トレーニングで筋肉を増やしてリバウンドのしない体を手に入れる!

レジスタンストレーニングを続けて筋肉が増えていけば、代謝の高い体になり、脂肪が燃えやすい体になります。
代謝が上がるとリバウンドしない体を作ることができ、太りにくい体になります。逆にトレーニングをせずに、糖質制限や食事制限でダイエットをすると、脂肪と同時に筋肉も減ってしまいます。食生活をもとに戻すとリバウンドしてしまい、ダイエットを始める前よりも太ってしまいます。肌もシワが増え、老けて見えてしまいます。
しかしレジスタンストレーニングを続けていけば、筋肉が増え、健康的に体は引き締まり、脂肪の少ない体を作ることができます。

ケガの心配もなく続けられるダイエットにオススメのトレーニング方法

フリーウェイトトレーニングはパワーリフティングや重量上げなどスポーツをする方は重りを持ち上げるために必要です。
初めて運動する方は、ダンベルやバーベルなど使っていきなり重い重量を扱うと、肘や肩など関節を痛めてしまいます。まずは自重トレーニングで体を慣らして少しずつウェイトを上げていかなければなりません。
しかし自重トレーニングが継続できず、フリーウェイトトレーニングを始める前に挫折してしまうこともあります。またフリーウェイトトレーニングを始めた時に負荷が高まると、肘や膝などへの負担が高まります。
一方で加圧トレーニングは低負荷で行うため、関節に負担なく続けることができます。成長ホルモンを大量に分泌させ、筋力アップや脂肪燃焼をもたらします。その分泌量はフリーウェイトの約20倍も分泌されます。重いダンベルでキツイトレーニングを続けるより、軽い負荷で成長ホルモンが大量に分泌される加圧トレーニングの方が効率良くダイエットを続けることができます。
またパワーリフティングや重量上げなどのアスリートも、加圧トレーニングを取り入れることで20%以上重いバーベルを持ち上げられるようになったというデータもありますので、加圧トレーニングはアスリートも取り入れると良いトレーニングです。

preciousの加圧トレーニング紹介動画

最近のpreciousブログ

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP