加圧トレーニングとは

皆さんは、アスリートが愛用している
加圧(カアツ)というトレーニング方法をご存知ですか?

そう、菜々緒さん石原さとみさんを始め女優さんやモデルさんが取り入れているソレです!

最近テレビや雑誌で数多く取り上げられている「加圧トレーニング」とは、文字通り血管に圧力を加えた状態でするトレーニングのことです。
腕と脚の付け根に適正な圧力をかけて血流を制限します。この状態でトレーニングをすると、短時間で軽い負荷のトレーニングでも大きな効果が得られるのです。

どうして短時間で軽い負荷なのに効果がでるの?

腕や脚などの血流を加圧トレーニング専用のベルトで 一定圧制限する事により、血液を腕や脚にプーリング(溜める)させます。
そうすると、毛細血管の隅々までに血液が行き渡り、使われていなかった毛細血管が機能し始めます。
人間の筋肉は、運動をしていない場合50%は眠っているといわれていますが、毛細血管の隅々に血液が流れることで筋肉の動員も増え、眠っている筋肉が活性化するのです。
人間の筋肉には大きく分けてふたつ、酸素を使って活動する「遅筋」と酸素がなくても糖を燃料にして活動する「速筋」に分けられます。

さぁ トレーニングが始まります!

加圧とは

【その1】
加圧ベルトを巻いて血流を制限した状態で軽い負荷のトレーニングをすると、ちょっとした運動でも活動を始める遅筋が活動を開始します。
すると血液中の酸素が遅筋によって使われてしまい、すぐに酸素不足の状態になります。
酸素が不足すると遅筋は動けなくなりますので、代わりに速筋が活動を始めます。
【その2】
通常は大きな負荷をかけなければ速筋は活動しませんので、加圧によって筋肉に酸素不足の状態を作り速筋を活動させるのです。
加圧トレーニングによって速筋が活動を開始すると、筋血流が適度に阻害されているので乳酸という代謝物がたまっていきます。
乳酸が蓄積されると「かなり筋肉が疲れている」と感覚神経が感じ取り、脳の床下部→脳下垂体に指令を送り大量の成長ホルモンが分泌される。
【その3】
血流にのって全身に運ばれた成長ホルモンは、ストレス状態にある筋肉に作用し、体脂肪を分解させたり筋肉を形成します。
体脂肪の分解や筋肉を形成させるには、十分の成長ホルモンを分泌させなければならないので、従来は、かなりハードなトレーニングが必要でしたが加圧トレーニングを行うことによってハードなトレーニングを疑似的に作り出しているのです。
【その4】
「若返りホルモン」と呼ばれる成長ホルモンが分泌された効果は筋量のUP、脂肪の分解、骨密度の増強、そして皮膚など各組織の若返りとなります!
加圧トレーニングをしたときの成長ホルモンの血中濃度は通常のトレーニングの10倍で、安静時の200倍以上にもなることがわかりました。
のです。

【その5】
その他にも、加圧トレーニングで毛細血管の隅々に行き渡らせた血液を除圧することで、血液中の老廃物を一気に押し流し、血流がスムーズになります。
加圧・除圧を繰り返すことで血管の弾力性を取り戻し、使われていなかった毛細血管も再活動を始め、体全体の血行が促進します。
血行が促進されると美肌効果はもとより冷え性・腰痛・肩こり・高血圧・動脈硬化の改善などうれしい効果が現れるのです。

☆ダイエットしたい方☆にも、★もっと強くなりたいアスリート★にも、こんなに良い方法はないのです。
しかも、実際は筋肉を酷使していないので辛い筋肉痛にはなりません!
脂肪を燃焼させるのに必要な(基礎代謝UP)程度の程よい筋肉をつけるのが簡単なのです♪

そして私達preciousのトレーナーは特許第2670421号の開発者佐藤義昭氏より正式にライセンスを受けた『加圧マスターインストラクター』であり、現役のアスリートです。
知識と実体験の豊富なpreciousのアスリートが指導するパーソナルトレーニングですからさらに効果抜群です。

加圧の6大効果について

ダイエット
血行促進
生理不順改善
エイジングケア
筋力アップ
パフォーマンストレーニング
PAGE TOP