パフォーマンストレーニングによる効果

これまでスポーツ界では、パフォーマンスに効果を発揮させるために筋力トレーニングを取り入れてきました

理想的な筋力トレーニングとはパフォーマンスを同様の動きで行い、力とスピードをアップするトレーニングの反復。
例えば、柔道ならば投げ込み。
相撲ならぶつかり稽古、鉄砲。
打撃系格闘技なら打ち込み、蹴り込み。
野球、テニス、ゴルフなら素振り。
党首なら投げ込み。
短距離走ならスタート練習。
ですが、従来の筋力トレーニンには弊害があります。

それは、筋力アップは可能だが柔軟性のある動きに難点があることです。
不必要な筋肉が付き、フォームを崩す原因となります。
パフォーマンスに必要な連動する筋肉のバランスを著しく壊し、怪我をしやすくなる。
インパクトに爆発力を付けたい場合、高重量のトレーニングでは筋肉の使い方が真逆になるためスピードが著しく遅くなるなど、様々な弊害があります。

上記のようなパフォーマンストレーニングをさらに短時間で効率よくパワーアップするために開発されたのが

加圧パフォーマンストレーニングと呼ばれるトレーニングです。

加圧ベルトを巻いて上記のパフォーマンスと同様の動きを反復して行うと大量に分泌される成長ホルモンや筋繊維を肥大させる因子の影響が体全体に及ぶのでパフォーマンスを行うために必要な連動する筋肉すべてが鍛えられるのです。
このように理にかなったパフォーマンストレーニングは他には見当たりません!

筋力も筋持久力も同時にアップする驚異の加圧パフォーマンストレーニング

筋力をアップさせたいならば負荷を大きくします。
例えば柔道の投げ込みであれば体重の重い相手を投げ込み相手にしたり、加圧の圧を少し上げるだけで相当な効果を発揮しますのでとても有効です。
しかしこの加圧パフォーマンストレーニングはかなりハードです。
早い段階で筋肉は酸欠状態になりますので初めは長時間のトレーニングはできませんが繰り返し行うことで筋肉が酸素の取り込み方が上手になり継続できるトレーニング時間が伸びてきます。
高地トレーニングによく似ています。
よって筋持久力も驚くほど発達します。

全てのスポーツで必要な瞬発力を劇的にアップする

瞬発力を大きくするには

力を抜いた状態から、力を入れた状態への差が大きければ大きいほど瞬発力が発揮されます。

加圧トレーニングでは遅筋の酸欠状態が数十秒で起こりますので、遅筋の活動よりも速筋の活動が大きくなり筋疲労が急激に進み力みたくても力めない状態に必然的になります。
よくスポーツ界では「肩の力を抜け!」といいますが余分な力が入れられない状態になります。
この時大切なことは、フォームを崩さずインパクトの瞬間にしっかり力を入れ正しくパフォーマンスを反復することです。
パフォーマンスに必要な筋力と筋持久力が短期間で見違えるほど鍛えることができるのです。
どんな種目のスポーツでもピンポイントでパフォーマンスに必要な筋肉を鍛えられる唯一のトレーニングが加圧パフォーマンストレーニングなのです。

お客様の声はこちら

お客様の声

PAGE TOP