diet
ダイエット

トレーニングによるダイエット効果

ダイエットのメカニズム

成長ホルモンが脂肪を燃えやすい状態の遊離脂肪酸とグリセロールに分解し血中に流れ出ます。

遊離脂肪酸は酸素と結合し燃焼、グリセロールは水と加水分解され、筋肉と肝臓にエネルギーとして蓄えられます。

脂肪を燃焼させる成長ホルモンの働きを有効利用

加圧せずに腹筋や、背筋などシェイプアップしたい部分の運動を行う。

加圧トレーニングを行う。

加圧トレーニング直後は乳酸濃度が急上昇し、大量の成長ホルモン分泌を促す。

成長ホルモン濃度の時間変化
乳酸濃度の時間変化

15分後に成長ホルモンの分泌量がピークに達します。

2時間後に脂肪分解が最大になるので有酸素運動をする。

加圧トレーニング後の血中遊離脂肪酸濃度の変化

効率的に全身の脂肪燃焼ができる&事前の運動により、ダメージを受けた腹筋や背筋に成長ホルモンが集中して働く。

上記の動きを行うことでねらった所のシェイプアップが可能になります。

遊離脂肪酸は酸素と結合し燃焼、グリセロールは水と加水分解され筋肉と肝臓にエネルギーとして蓄えられる。

加圧トレーニングでの驚異のダイエット効果

【その1】
平常時、通常の筋力トレーニングと比較して分解されている状態が平常時の200倍以上、通常の筋力トレーニングの20倍以上の脂肪が分解がされているので効果が平常時の200倍、通常の筋トレの20倍以上!

【その2】

加圧トレーニングは、脂肪が大量に分解されているため
通常の筋トレではトレーニング後1hくらいで脂肪にもどってしまうが
加圧トレーニングの場合はトレーニング後、約48時間もの間、脂肪が燃えやすい分解された状態をキープできる。
その間に有酸素トレーニングができると脂肪はドンドン燃焼する。

プレシャスだからこそ実現可能!加圧トレーニングによるダイエット情報

専門的なトレーナーがいるからこそ、ダイエットのメカニズムを理解した上で最適なトレーニングを実施していきます。

人間の消費エネルギーのうち60%以上は基礎代謝です。
一回の運動での消費カロリーよりも基礎代謝での消費カロリーの方が実は、消費カロリーが大きいです。

基礎代謝をアップするには、、、

【その1】
筋肉量を増やす事。
速筋を鍛えて筋繊維を太くする。

【その2】
筋肉の稼働率をアップする。
人間の筋肉は運動している人でも40%眠っていますが運動していない人だと60%眠っています。
加圧トレーニングでは短時間・低負荷で速筋を鍛え成長ホルモンを大量に分泌し、速筋を太くさせるとともに脂肪も大量に分解します。

また専用の加圧ベルトを使用する事で毛細血管を隅々まで使います。
筋肉も毛細血管に血液が通っていなければ稼働されませんが筋肉の毛細血管に血液が通うことでこれまで使われていなかった筋肉が稼働するので基礎代謝もアップするのです。

基礎代謝が上がると脂肪が付きにくい身体になるので加圧トレーニングはダイエット効果の高いトレーニングです。