77歳でも元気にトレーニング!年齢を気にせずトレーニングが行える秘訣

77歳でも元気にトレーニング!年齢を気にせずトレーニングが行える秘訣

データ

■職業:医療機器輸入販売
■加圧開始日:2014/9/2
■カテゴリー:男性会員
■コース:月6回スーパープレシャスコース

加圧を初めてからの変化

■体力向上

お客様の声


ボケ防止のためプレシャスに通い始めたMiniButterbeanです。今でも外見は変わりませんが気力体力が向上して本物に近づいています。私のような後期高齢者は、注意力の低下から自転車事故などを起す危険性が高いことを自覚しています。プレシャスの加圧トレーニングは注意力の向上にとても有効です。今のところ、これを計数値と計測値として表せないのが残念です。

スタッフコメント

星野様はプレシャス会員の中で最年長のお客様になります。70歳の頃、運動習慣が全く無く年々体力が落ちていると実感し、このままでは数年後に身体を思うように動かせなくなってしまうのではないかと不安に思い、プレシャスへ入会を決めたそうです。加圧トレーニングを始めて今年で7年が経ち、現在77歳になります。トレーニングを始めてからは不安に感じていた体力の衰えを感じることがなくなり、安心して仕事に取り組めるようになったそうです。
加圧トレーニングは高齢の方に最適なトレーニングです。なぜなら、加圧トレーニングは血流を適度に制限しながら行うことで、小さな負荷でも重たい物を持ち上げている時と同じ状況を作り出し、通常のトレーニングの1/4の負荷で効果を得ることができるからです。その為、関節や身体への負担はとても軽く怪我や身体を痛めるリスクを下げることができます。低負荷でトレーニングを行えることから東京女子医科大学病院や東京大学医学部付属病院などの数多くの大学病院や整形外科でリハビリトレーニングとしても加圧トレーニングは取り入れられています。
また、加圧トレーニングの最大のメリットは成長ホルモンの分泌の量が多いところです。成長ホルモンは幼少期から成長期にかけて多く分泌され、成長期を過ぎると加齢に伴い分泌量がどんどん減少していきます。30~40代ではピークの頃に比べ分泌量は半分に、50代以上になると1/3にまで減少してしまいます。成長ホルモンには筋肉を増やす、骨を強くする、脂肪を燃えやすい状態に分解する、若返りなどの効果を期待することができます。加圧トレーニングは通常のトレーニングの10倍、安静時の290倍成長ホルモンが分泌されます。その結果、負荷が軽くても通常のトレーニングより筋力アップや脂肪燃焼の効果が期待できるのです。他にも心肺機能の向上や認知症患者の症状改善・予防、骨強度の改善・骨粗鬆症の予防など様々な病気にも効果的であると研究結果がでています。
また運動が苦手な方やトレーニング初心者の方も軽い負荷で行うことでフォームが乱れることも少なく簡単にトレーニングを始めることができます。星野様は坐骨神経痛を抱えていますが軽い負荷でトレーニングを行うことができるのでプレシャスでは痛みを感じることなく元気にトレーニングをされています。
プレシャスにはストレッチやハイパーボルトというマッサージ機を使用したリラクゼーションメニューも豊富にありトレーニング後に身体のケアをする事も可能です。星野様もトレーニング後にストレッチやハイパーボルトを毎回行い、日常で気にされている腰の張りも改善することができました。
星野様の今後の目標は「あと5年は仕事を続けること!」だそうです。星野様が元気に楽しくお仕事が続けられるよう、トレーニングや身体のケアを精一杯サポートさせていただきたいと思います。

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP