パフォーマンスが向上する「加圧×競技スポーツ」

飯村正彦様 55歳

パフォーマンスが向上する「加圧×競技スポーツ」

データ

■お名前:飯村正彦様 55歳
■加圧開始日:2019/5/29
■職業:企業広告
■カテゴリー:男性会員
■コース:月4回スーパープレシャスコース

加圧を初めてからの変化

■怪我からの回復
■サーフィンのパフォーマンス向上

お客様の声


サーフィンのパフォーマンスを上げたくて加圧GYMを探しました。
波乗りの操作はスクワット。正しいフォームを教わったのが最大の気づきです。
波乗りの特性に合わせたトレーニングを組んだことで柔軟性と強さ、そして体幹がしっかりし、不安定な水の上でも転倒することが少なくなりました。
また、けがのリハビリ時にも回復が早かった様に感じます。
しなやかな動きと、競技の向上を目指すアスリートにも加圧トレーニングは有効だと感じています。

スタッフコメント

 飯村様は、長年サーフィンをしておりパフォーマンス向上のためスポーツジムに通われていましたが、そのジムは、パーソナルジムではなかったためサーフィンの動作やパフォーマンスに向上に上手くつながらなかったとお話を伺いました。
 一人でトレーニングを実施していると、正しいフォームで出来ているか分からないまま動作を行うため怪我のリスクも高くなりますし、うまくスポーツに活きる筋肉を鍛えられなければ無駄な筋肉がついて動作スピードが遅くなってしまうためパフォーマンス低下につながります。
また、加圧を使わないトレーニングですと筋肉をつけるには「高負荷・長時間」で実施することが必須要素になるため、これも怪我のリスクを高くする原因になります。
また、筋肉へのダメージが大きいため筋肉痛や疲労が残りやすく、競技スポーツをする際に回復が間に合わないことがあります。
加圧トレーニングスタジオプレシャスは、マンツーマンのトレーニングジムであり、実際に各種スポーツで実績のあるトレーナーが専属でご指導させていただいているため、お客様の目的に合わせたメニュー作りやフォームをご指導する事が出来ます。
そのため、各スポーツに必要な筋肉を付けて最短でパフォーマンス向上につなげることが出来ます。
また、加圧を使ったトレーニングのため「低負荷・短時間」で実施する事ができます。加圧トレーニングは腕や脚の付け根にベルトを巻いて血流を適度に制限し、低負荷・短時間で筋肉内の酸欠状態を作り乳酸を溜めます。加圧を使わないトレーニングと比べると25%の重りで実施できますので筋肉痛や疲労が最小限に抑えられることができ、次の日に競技スポーツの試合や練習でも回復が間に合います。
 飯村様からは、プレシャスの加圧トレーニングで体幹が安定するようになり、サーフィン中の転倒回数が劇的に少なくなったと仰って頂いています。
また、週末にサーフィンをする習慣があり前日や2日前にもプレシャスでトレーニングを実施されますが、筋肉痛や疲労が残ることもなく逆に動きやすくなると効果を感じて頂いています。
これからの目標は、サーフィンの大会で準優勝が過去で1番良い成績なので優勝を目指していきたいと仰っていただいております!
今後もサーフィンのパフォーマンスが上がるような種目を取り入れていき、目標達成出来るようにサポートさせていただきます!

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP